利用限度額

ICクレジットカード対応のクレジットカードの本人確認は

「ICクレジットカードカード」は、情報が埋め込まれたIC(Integrated Circuit:集積回路)チップを備えているクレジットカードです。

従来のカードは磁気ストライプに情報を記憶させていましたが、ICクレジットカードカードには高機能のICチップが埋め込まれておりそこに膨大な情報を記憶できます。
しかも、ICチップには演算の機能も付いているうえにデータの解析や変造が難しいので、セキュリティ面でも優れているといえます。

ICクレジットカードは多くの情報を記憶させることができて比較的読み取り易いことから、クレジットカード会社はICクレジットカードへの切り替えと加盟店へのICチップの読み取りができるCAT端末機への切り替えも進めています。
なお、現在発行されているカードは、磁気ストライプとICチップの両方を組み込んだいわゆるハイブリッド型が主流です。

ICクレジットカードはこのようなICチップを備えていますから、そこには「暗証番号」が記録されています。
ですから、ICクレジットカードでの本人確認はICチップの読み取りができるCAT端末機を備えている店や施設では、端末器から4桁の暗証番号を入力することで行われます。
しかし、CAT端末機を備えていない店や施設では磁気ストライプクレジットカードと同様に「サイン」で本人確認を行います。

このページの先頭へ