利用限度額

クレジットカードのカード番号の意味は?

クレジットカード番号は「会員番号」ともいい、カード会社がカード会員(所有者)を識別したり会員の情報を管理したりするための番号のことです。

番号はカードごとに付与されたものが券面に刻印されており、桁数はカード発行会社によって異なりますが、14桁・15桁・16桁の3種類あります。
日本で発行されているクレジットカード番号のほとんどは16桁の数字で構成されていています。
この16桁は、国際的ルールで定められた番号で設定しなければならない部分とカード発行会社が自由に設定できる部分で構成されています。

1桁目と2桁目は、主要産業識別コードと業態分類コードで、銀行系・信販系・小売業系などを示しています。
3桁目から6桁目は発行会社識別番号で、カードの発行企業コードです。

日本の場合は「財団法人流通システム開発センター」に申請して取得します。
7桁目から15桁目はイシュア(クレジットカードを発行会社)アカウントナンバーと呼ばれるもので、ここの数字最高9桁がクレジットカード発行会社が自由に設定できる部分です。
最後の1桁はチェックデジットといい、正規のクレジットカードかどうかを判別します。
最後の1桁で、カード番号の全桁をコンピューター科学の分野で「アルゴリズム」という演算方式で算出し、その計算結果から正規のクレジットカードかどうかを判断するのです。

クレジットカードのカード番号は、カード発行会社で適当に数字を設定しているのではありません。

このページの先頭へ