利用限度額

事業経費を管理できるクレジットカードは?

まず確認しておかなければならないのは、クレジットカード自体が事業経費を管理してくれるのではないということです。
クレジットカードを「事業用」と「プライベート用」の2枚持ち、事業経費は事業用に所有したクレジットカードだけを使用することで、事業経費を管理するための適切な資料が整備されるということです。

クレジットカードを「事業用」と「プライベート用」の2枚持つことは、特に個人事業主にお薦めです。
個人事業の経費管理で最も重要なのは、仕事とプライベートの入出金を明確に区分することです。
経費の支払いに事業用のクレジットカードを使うと、公私の区別がつくだけではなく毎月届くカード利用明細で、いつどのような経費にいくら使ったのかが一目瞭然です(カードのポイントも貯まります)。

しかも、確定申告の際に仕訳が楽なうえ、税務調査の場合にはクレジットカードの明細が証拠書類になります。
またクレジットカードの明細は、経費削減などの経費管理に最適な資料にもなるものです。
さらに、カード決済には「サイト」といわれる利用から支払いまでに約1~2カ月のズレがあるので、結果的に支払期日を延ばすことができるというメリットもあります。

事業用クレジットカードを持つことでの唯一のデメリットは、年会費がかかることです。
しかし、クレジットカードを使用しないで事業費管理をする場合の人件費を考えれば、決して高いものではありません。

このページの先頭へ