利用限度額

磁気ストライプクレジットカードでの本人確認は?

「磁気ストライプクレジットカード」は、カード番号などの情報が書きこまれた磁性体(磁性反応のある材料)の帯が裏面に付けられたクレジットカードです。

磁気ストライプには情報として暗証番号が記録されていたこともありましたが、この磁気ストライプから暗証番号を盗み取って(クレジットカードの上に紙を置き、その上に砂鉄を撒くことでできた模様から暗証番号を読み取るという単純な手口であったという)不正使用する犯罪が多発したり、他の磁気から影響を受け易いために記録された情報が正常に読み取れなくなったりすることから、暗証番号は記録しないようになりました。
こうしたことで「磁気ストライプクレジットカード」には暗証番号が記録されていませんから、暗証番号での信用チェックや本人確認ができません。
そこで、当然のことながら「サイン」で本人確認を行います。

買い物やサービスを受けた人がクレジットカードで精算する場合は、そのことをレジで伝えてカードを渡します。
レジでは、領収書とサインをする使用明細書を渡してくれますので、サイン欄にサインをして返します。
係の人は、クレジットカードの裏のサインと明細書のサインが同一かどうかを確認します。
これが本人確認です。

確認されたらクレジットカードを返してくれますから、これで精算と本人確認の終了です。

このページの先頭へ