利用限度額

ポイント還元率はクレジットカードで違う?

ポイント還元率とは、クレジットカードを利用することで貯まった「ポイントを金額換算した場合、年間のカード利用額に対して何パーセントに当たるかということ」をいいます。
つまり「ポイントを金額換算額÷カードの年間利用額=ポイント還元率」ということです。

ポイントの還元率はクレジットカードによってさまざまですが、現在平均的な還元率は0.5%前後です。
還元率が0.5%の場合、クレジットカードの月間平均利用額が30,000円(年間総利用額36万円)とすると、ポイント還元額は1,800円ということになります(年間総利用額が一定金額を超えた場合、たとえば50万円を超えた場合は還元率を1%になるような方式のクレジットカードもあります)。
還元率が0.5%であっても利用額に対してこれだけの「金利」がつくのですから、一般金融機関の預金金利のことを考えれば、非常に有利な資金運用といえます。

しかも、クレジットカードのなかには2%を超える高い還元率のカードもあります。
そうしたカードがあるのですから、手に入れることができるのであればそれを利用したいものです。
なお、クレジットカードのなかには「ポイント」ではなく「マイル」が付与されEdy(プリペイド型の電子マネー)に交換する方式のものがあり、1マイルが約1円に相当するようです。

このページの先頭へ