利用限度額

公共料金の支払いでポイントがつくの?

原則として、クレジットカードは公共料金の支払いに利用できますし、支払額に対してポイントが付きます。
原則としてというのは、「利用した商品やサービスのうち特定なもの(商品券・ギフト券・買い物券での買い物など)についてはポイント付与の対象外とする」といったことを規約に定めているケースや「ポイント付与ではなくキャッシュバックする」といったケースがあるからです。

公共料金は毎月必ず払わなければならない支出ですから、それを銀行口座からの自動引落しで処理したり銀行やコンビニまで出かけて行って支払ったりするのはポイント獲得を放棄することなのですからもったいないことです。
電気代・ガス代・水道代などの公共料金を現金や口座引落しで支払うと支払った金額分の現金や預金がなくなるだけですが、クレジットカードで支払えばその金額に応じたポイントが貯まります。
固定電話・携帯電話・インターネット関連・テレビの視聴料などの公共料金と同様に固定費化しているものもカードで処理すれば、年間で貯まるポイントはさらに大きくなります。

なお、公共料金の支払いにクレジットカードを利用すると「カード年会費が無料になる」、「特別ポイントを付与する」、「最も高い還元率を適用する」などの特典がつくものがあります。

このページの先頭へ