利用限度額

クレジットカードの利用限度額とは?

「貸出限度額」「与信限度額」「クレジットライン」などとも呼ばれるこの「利用限度額」とは、その額まではカードの利用者が自由に使っていいということを示しているものです。

クレジットカードは「利用者の支払いをいったんカード会社が立替払いをする」「利用者は後日、立替え代金をカード会社へ支払う」仕組みで運用されます。
利用限度額とは、「カード会社が、いったん立替払いをする上限額」というわけです。

カード会社の立替払い額が利用限度額に達したら、その後はカードを使用することができなくなります。
しかし、この限度額は支払いが終わった金額が再び使用することができるように復活します。

ここで注意しておかなければならないのは支払いが終わったらすぐに限度額が復活するかというと必ずしもそうではなく、カード会社によっては数日後に復活することがあることです。
支払いが終わったらすぐに限度額まで使えると考えないで、少し日数に余裕をもってカードの利用を再開してください。

利用限度額を「利用月額の上限額」であるとか「一度に利用できる額」であると勘違いしている人がいますが、それは誤りです。
クレジットカードの利用限度額は与信枠ですから、利用者の信用度の高まりに合わせて上がっていきます。

このページの先頭へ