利用限度額

利用料金を滞納するとどうなる?

クレジットカード利用料金は利用者の預金口座から引き落とされますが、引き落とす利用料金よりも口座の残高が少ない状態のことを「残高不足」といいます。
当然のことですが、残高不足ではカード代金を引き落とすことはできません。
その結果、「利用料金の滞納」が発生します。

引落は当日の早朝に行われることが多く、もし残高不足の場合には当日中に何回か引落処理を繰り返すカード会社が多いようです。
残高不足の状態のままで入金が行われないとカード会社からはハガキやメールで残高不足になっているのですぐ入金するよう連絡が入ります。
その時点では、クレジットカードはすでに「利用停止」状態になっており、カードを利用できなくなっているのが一般的です。

残高不足の連絡を受けた後も利用料金を入金しないと、次は「督促状」が届きます。
もし、督促も無視して入金しないでいると、残高不足の日(滞納が始まった日)から3カ月程度で、カード会社はカードを一方的に解約して債権回収の手続きを始めることになります。

このような状態になると、個人信用情報機関に「長期延滞」が登録されされますから、同じカード会社のクレジットカードだけではなく他のクレジットカード会社のカードを申請しても審査は通らなくなってしまいます。

このページの先頭へ